防水工事

防水工事とは

防水工事は屋上やベランダの床といった場所に施工する工事です。建造時には防水加工が施されている場所でも経年劣化で防水性能が落ちてしまい、雨漏りやコンクリートのひびなどの原因となります。 これを放置しておくと建物の内部に水がしみ込んでしまい、二次災害が起きてしまう恐れがあります。 早めの対策をすることで建物の寿命を延ばすことができます。

株式会社RISEの防水工事

株式会社RISEの防水工事

当社の防水工事はお客様のご要望、現場の環境などを考慮したうえで最も適した方法を選択し、ご提案いたします。施工方法や使用する塗料、現場の使用状況などご不明な点やご不安なことがございましたら何でもお気軽にご相談ください。

このような場所に

屋上
屋上
ベランダ・バルコニー
ベランダ・バルコニー

このような症状が出ていたら
ご相談ください

チョーキング、水たまり、排水溝の詰まり、防水層のふくれ、防水層の剥がれ、シーリング劣化

防水工事は10~15年のサイクルで行うことをおすすめします。
しかし環境や使用状況によっても劣化速度は異なります。劣化のチェックを行い、適切な時期にメンテナンスをしてみてはいかがでしょうか。防水工事で気になることがあればご相談ください。

施工事例

二次被害

雨漏りを放置したままにすると、二次被害が発生することがあります。最悪の場合、倒壊する恐れもありますので、雨漏りが発生したらすぐにご相談ください。

二次被害
二次被害

CONTACTお問い合わせ

株式会社RISEへのご依頼はこちら。
ご相談から現地調査・お見積りまで
無料で対応いたします。

TEL 0946-21-4114

お問い合わせ